240万円のときに言ってくれたら良かったのに、、そう何度も言われた。
 

■異常に冷静な嫁

Screenshot_2014-08-03-05-53-34~2



少しパニクりながらも、起こってしまったことはしょうがないと、すぐにどうやって返済するかの話に。あまりの切り替えの早さに驚いた、、


嫁「家のお金は60万しか無いよ、残りはお母さんに頭下げて貸してもらうしかないね。。」


嫁「じゅめ、明日車で帰って、お母さんに相談してきて。電話で言うようなことじゃないからね、、私の親の方には言わないでおくから。」



借金残高500万として、自分たちの60万を返済しても残りは440万円。正月に帰省したときの話ではそれくらいの貯金はあるとは思うけど、親に借りての返済はしたくない、、



それで確かに0になるかもしれないけど、同じ事を繰り返してしまう可能性は非常に高い、、利益確定さんや小遣い少な過ぎさんに何度も忠告されて、身に沁みている。




■個人再生の打診


借金出来なくならないと同じ事しちゃうし、生活を見直すためにも個人再生でなんとかしたいと思うと伝えた、、借金圧縮できて利息も免除で、3年間かけて返済するやり方を説明、、



嫁「それって、ブラックになるってことだよね?車とか買い替えないといけないのに、ローン組めないとやっていけないよ。それに、自分にそういう傷がついてしまうことにプライドはないの?」


じゅめ「確かにローンは組めなくなるけど、大きな買い物ってそれくらいだよね。それこそ車の費用はおかんに建て替えてもらって、毎月返済すればいいいし、、」


嫁「でも、3年もそんな状態になって、もし何かあったときにローン組めないのは不安すぎる、、」


じゅめ「毎月返済しないといけないのは、おかんに借りた場合も一緒だから。毎月節約して、ボーナスもしっかり貯金しとけば大丈夫だと思うけど、、」


嫁「手取りが30万として、住宅ローン7.5万、個人再生に10万とかになったら、どう考えてもやっていけないよ、、生活費5万じゃ。。」


じゅめ「俺の小遣い減らすし、ネット収入もいくらかはあると思うから、、」


嫁「小遣い減らすのは当然!でも借金が倍になっても、株とかで返済しようとしてたから、興味持って見てもらえてたんでしょ?そうじゃなくなったら、ネット収入なんて入る訳ないよ、、もっと確実性があって、地に足のついた返済を考えればないと。」



じゅめ「(なんという的確な指摘、、)それはそうだけど、、生活出来る範囲内での返済計画になるはずだよ、、」



嫁ばれして1時間もしないうちに、こんな話をしていたら、ワンコが寝室に駆け寄ってきた。



ワンコ「トイレでおしっこできたよー!」




ご褒美のおやつをあげながら一言


嫁「父ちゃんのせいで、もう食べられなくなるかもしれないからねー」



冗談混じりに言うのを聞いて、この嫁でよかったと思った。そして、もっと早くに自分から打ち明けていればよかったとも。

でも手遅れになる前で、よかった、、


続く

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ   
にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

  【スポンサーリンク】