image

住信SBIネット銀行借り換え記事を、最初から見る場合はこちらから


今までお世話になってきた楽天スーパーローンに別れを告げて、住信SBIネット銀行に乗り換えた。楽天で限度額300万円/金利8%だったのが、住信SBIでは限度額300万円/金利5.5%になった。


楽天と住信SBI。240万円を借りている状態での比較をしてみる。


【楽天銀行 スーパーローン】
・限度額300万円 金利8%
・毎月約定返済額 3.5万円
・約定返済日前14日間に3.5万円以上随時返済すると、約定返済は不要
毎日利息が加算される
・セブン銀行での入出金・・・月7回まで無料(スーパーVIPの特典)
 ※ただし、3万円以上の入金は無料
・他行への振込。3万円未満160円。3万円以上250円。


【住信SBIネット銀行 ネットローン】
・限度額300万円 金利5.5%
・毎月約定返済額 4万円
・いくら随時返済しても約定返済は必要
約定日(5日)に利息が加算される
・セブン銀行での入出金・・・何回でも無料
・他行への振込。月3回まで無料(楽天銀行への振込は除く)
 3回を超える場合、1回150円


まず随時返済の扱いが違う。楽天は約定日から14日前の間に約定返済額(3.5万円)以上を返すと約定返済は免除される(住信SBIはいくら随時返済しても、約定返済は免除されない)。返す側からすると、約定返済日より前に早く返すことで毎日積み重なる利息も減る。この点は楽天のほうが良心的だ。約定返済を免除することで、出来るだけ長期間借りさせようという魂胆も見え隠れするけど。

それはいいんだけど、楽天の利息は毎日、元本に加算されていく。その加算された元本で毎日利息が計算されるので、ずるい気がする、、。約定返済日に1ヶ月分加算されるほうが、払う利息は少なくなる。(よね??)まぁさっき書いたように、楽天は随時返済がしやすくなっているので痛み分けかもしれないけど、、。


次に約定返済額に着目すると、小遣い3万円なのに今度から毎月4万円返さないといけないことになった(楽天は3.5万円)。4万円はプレッシャーが大きいので、早いところ残高を200万円未満にしたい。住信SBIで残高100万〜200万円の場合、約定返済額は3万円になる。


それから割と不便になるのが、自分は楽天証券をメイン証券にしているので「楽天証券⇔楽天銀行⇔楽天スーパーローン」のお金のやりとりを頻繁にやっていたのができなくなることだ。
証券口座も楽天証券から、住信SBI証券に変えたほうが良さそうだ。


住宅ローンも、いずれは楽天銀行で借りているフラット35から、住信SBIネット銀行に変えたいな。楽天は優良顧客を完全にライバル会社に取られてしまった。住信SBIネット銀行は、さすがにナンバーワンのネット銀行なだけある、、。こうだったらいいなって思うところを、期待以上に対応している。



楽天は住信SBIへの顧客流出の先手を打って、金利8%→5%に下げる等の提案をしてくるべきだった。







こっちから、そんな交渉をしてみたらどうなるだろうか?


じゅめ「住信SBIネット銀行さんが5.5%で貸してくれるので借り換えたんですが、同等かそれ以下にしていただけるなら、引き続き楽天さんから借りますが、、、?」


こっちから交渉することではない気もするけど、やってみて!と思う人いるかな

  【スポンサーリンク】