借金のある独身者との比較 前編

後編ということで続きを書く。


前編で書いたとおり、小遣い3万円で返済するのは同じ借金240万円でも収入がコントロールし易い独身者とはえらく違う。非常に厳しいことを改めて認識でした。

そして独身なら240万円程度の借金は、頑張れば十分返せることもわかった。
なので落ち込まず、諦めずに頑張ってほしい、、。


では本題。
小遣い3万で借金240万は独身者のいくらの借金と同じレベルなのだろう?


返済に回せる額との比率で比較することにする。


自分の場合、小遣い3万円とはいえ交通費や会社の飲み会代がかかるため、節約しても15,000円程度しか返済に回せない状況とこの記事(小遣い3万円から支払うもの)で書いた。本当に何もなければ20,000円は回せるかもだけど、とりあえず15,000円で計算する。


借金240万は返済可能額1.5万円の160倍、、、。


一方、独身者で毎月10万円が返済可能とすると、
返済可能額10万円の160倍は、、、


1,600万!!




え?そんなに、、

た、ただし利息を考えると額が小さい240万のほうが断然有利なのは間違いないし、毎月10万円の返済可能額の3倍を返済するのはかなり無理があるけど、1.5万円の3倍は返済可能。

この比較の仕方はなんだかおかしい。


こうやったら比較できそうというアイデアが出てきたので、
完結編につづく、、
借金のある独身者との比較 完結編

  【スポンサーリンク】