借金ブログのランキングサイトを見ていると、やはり独身者が多い。妻帯者で小遣い3万円で借金240万円は珍しい方だろう。もちろん、独身のほうがブログ書きやすいってのはあると思うけど。

完済に向けて、どっちが厳しい状況なんだろう?というのを気休めに比較してみた。
この記事に書いたとおり、小遣い3万円のうち、実質自分が自由に使えるお金は24,400円。
独身者に置き換えると、家賃、光熱費、食費、通信費、交際費などなど毎月かかるお金を支払った後の残りが24,400円ということになる。
 
仮に手取りが22万円だとして、家賃5万、車関係1.5万、食費6万、交際費1万、通信費1.5万、光熱費1万、その他経費2万としても5万は残る。
(地方都市広島での事例)
 
そして独身者最大の強みは、削れるものはとことん削ることが可能なところ!食費は月2万程度にはすぐ出来るだろうし、車も手放してしまえばよい。その他経費としてあげた2万も節約意識があればほとんど使わないだろう。仕事頑張れば収入もアップするから、更なる余裕も生まれる。
つまりは毎月10万程度を返済にあてることが可能ということだ。

借金240万円ある独身の方!少し頑張れば、2年で普通に返せます。置かれている状況はそんなに厳しくない、大丈夫!
 
、、、。
 
えっと、同じ借金240万なら小遣い3万円の方が厳しいことは比較するまでもなく明らか。じゃあ、小遣い3万円で借金240万は一体独身者のいくらの借金と同程度なんだろう?それを考えてみたい。

  【スポンサーリンク】